息が足りない

昨年の秋以降、10年間吹いてきた
KING2B+木製マウスピースから
昔吹いていたCOON6H+バック8半に
変えました。
NCJOのリサイタルで調子が良くなかったので
気分転換に変えてみました。

学生時代~社会人バンドと吹きこんだ楽器
なので、なじんでいます。

まず、高音域でのミストーンが少なくなり
音もよく抜けている感じがします。

しかしボアが2Bより大きいので息が
入りすぎて、続きません。
たとえば、8拍のばせたのが、7拍までしか
続かないのです。
どちらの楽器を使うのか悩ましいところですが
もうしばらくはCOONで吹いてみようと思います。

上手く吹けないのは楽器のせいではないのは
分かっていますので、、、((笑))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hiro1959
2016年02月29日 12:29
専門用語は分りませんが、ボア・・・多分、吹き口が大きいって事ですよね。それが大きくなると辛いだろうなと想像してます。
2016年02月29日 19:55
hiro1959さん
ボアとはスライド部分の管の
太さです。
昔から欲しかった楽器でしたが
体になじんだ楽器の方が
吹き易いかもしれませんね。
hiro1959さんも、そんな
道具があるおでは?
hiro1959
2016年03月02日 11:09
手描きの頃は有りました。(自分では普通でも人は分らない程度の物ですが)

しかし、今はCG(ソフト)ですから道具と云うより専門用語ですかね。これは私も分らないのです。感でやってます。
2016年03月02日 18:59
hiro1959さん
人には分からないですが
自分には使いやすい物は
ありますね!
専門用語はたくさんあるんでしょうね
私には全く無縁の世界です。
感は大きなものですね。

この記事へのトラックバック